<< PROMO LION 発表:NORTH FACE、松下がライオン受賞! | main | カンヌ広告祭グランプリ解説:adidas血のりポスター(Promo部門・NZ) >>

スポンサーサイト

  • 2008.06.22 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


カンヌ広告祭グランプリ解説:LOPETEGUI DEPOSIT(Direct・スペイン)

Gallego銀行・LOPETEGUI DEPOSIT

Gallego銀行の先進的なイメージと、新規顧客・預金の獲得を目的としたキャンペーン。

サッカーW杯ドイツ大会の中継で、解説中の元バルセロナGK、
ユレン・ロペテギ※が失神してしまうという事故が起こります。

卒倒映像はすぐさまYoutubeを駆け巡り、スペイン中がこの話題で持ちきりになります。
失神の理由が謎だったのも、話題に拍車をかけた原因でした。
話題がスペインを回りきった頃、Gallego銀行がこんなCMとともに新商品を発売しました。
ロペテギの失神映像の後、「実はこの直前ロペテギは、預金利率が最大10%という事実を告げられていた」というクレジット。
そして新商品の名前は“Lopetegui Deposit(ロペテギ預金)”。
そう、全ては茶番劇だったのです。

同時に“Why Lopetegui fainted(なぜロペテギは失神したか)”というキャンペーンが始まり、
気絶のシーンはTV・ラジオ・プリントだけでなくDM・インターネットなどの広告に繰り返し用いられました。
キャンペーンは大成功し、目標の132%の新規顧客、同157%の新規預金などめざましい結果がGallego銀行にもたらされたということです。

Youtube: Lopetegui desmayo ⇒6/19現在319,000回視聴されています。

スタッフリストなどはコチラ


スポンサーサイト

  • 2008.06.22 Sunday
  • -
  • 18:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
Cannes2007関連リンク
Cannes2007公式サイト WINNERS&SHORTLISTS速報 Lionsdailynews          日本代表公式サイト        コウコクノミライ
こちらもオススメ
あわせて読みたい
こんなとこから見られてます
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM