スポンサーサイト

  • 2008.06.22 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Young Creatives 日本代表決定

今年のカンヌ広告祭のエントリー〆切が迫るなか、
一足先にYoung Creatives(通称ヤングカンヌ)の
日本代表が決定したようです。

これは28歳以下の若手クリエイターが、
その場で与えられたお題に対して広告を競う、
いわば広告板「料理の鉄人」。((C)中村洋基氏)

フイルム部門104チーム、プレス部門132チームの
エントリーの中から決定したのは・・・!

フイルム部門
杉山元規氏、長部洋平氏(オグルヴィ&メイザー)

プレス部門
大野瑞生氏、武田正文氏(ライトパブリシテイ)


杉山氏は昨年プレス部門で、
惜しくも次点で代表を逃したので、雪辱です。

みなさん、おめでとうございます!
頑張ってきてください!
(サイバーは、誰なんだろ・・・?)

YC銀・鎌田貴史さんのブログ

Young Creativeで2位入賞したspfdesign Inc.の鎌田貴史さんが、
ご自身のBlogで記事をUPされています。



Cannes Lions 2007 Young Creatives - SPFDESIGN BLOG
企画にあたり、意識したのは“おしつけがましい広告にしない”ということ。
(略)
ユーザー自身に抗争の当事者になってもらい、そこに投入されたちょっとしたキッカケが状況を変える、ということを実際に体験してもらおうという試みでした。
そういった体験をしたあとのドネーションはきっと限りなく能動的なものになるだろうし、気持ちよくドネートできるだろうと思ったのです。

まさに、狙い通りの広告に仕上がっているように思います。
そして見事入賞。
面識はありませんが私も"嬉しンヌ"です。

カンヌ07YC:中村洋基・鎌田貴史チームが史上初の銀!

28歳以下の若手クリエイターによるヤングクリエイティブコンペのサイバー部門で、
電通の中村洋基・鎌田貴史チームが準優勝にあたるシルバーを獲得しました。

テーマ(3部門共通)は”Right to Play”という、
貧しい環境の子供たちにスポーツをする環境を与える、というもの。
日本チームは、マウスの動きに反応するインタラクティブバナーを用い、
テーマの「子供にスポーツを」を暗示する広告を作り上げました。

日本代表公式ブログによると、ヤングクリエイティブの歴史上初の快挙。
既に十分な実績のあるお二人ですが、その経歴にさらに花を添える結果となるでしょう。
おめでとうございます。
中村洋基氏 鎌田貴史氏
中村洋基氏  鎌田貴史氏


カンヌ広告祭・YCプリント部門 ADKチームは選外

" target="_blank">カンヌ日本代表公式Blogによると、
ヤングクリエイティブコンペのプリント部門が発表になった。

ヤングクリエイティブコンペは28歳以下のクリエイターにより行われる国別対抗コンペ。
同一テーマによる課題が出され、規定時間内に作品を仕上げて競います。

Young Creative Competition - Print 結果
.船
▲侫リピン/オーストラリア
ブラジル
日本からはADKの青柳有美子さん、砥川 直大さんチームが参戦したのですが、
残念ながら選外だった模様です。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
Cannes2007関連リンク
Cannes2007公式サイト WINNERS&SHORTLISTS速報 Lionsdailynews          日本代表公式サイト        コウコクノミライ
こちらもオススメ
あわせて読みたい
こんなとこから見られてます
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM